宣伝効果ばっちりのホットペッパー掲載のされ方

サロンや飲食店を経営されている方が一番悩むのは、集客についてではないでしょうか。どの商売もそうですが、お客様が来て商品が売れなければ儲けは出ません。そこで必要になってくるのが宣伝ですが、その中の一つ、ホットペッパーを利用することを選択肢の一つに入れてみるのはどうでしょう。現在ホットペッパーを知らないという方は少ないのではないかと思います。街角や店舗、会社などで配布されるフリーペーパーであるホットペッパーは、紙媒体以外にも携帯などでネット検索もでき、消費者にとって重宝する媒体でもあります。しかし、ホットペッパー掲載を完了したから必ず集客率がアップするものとは言い難いかもしれません。実際にホットペッパーを見たことがあればわかりますが、紙面であれば見開きいっぱいに多数の同業者がずらりと並んでいます。その中から自分の店を消費者に選んでもらって初めて利益に繋がるのです。

ホットペッパー掲載から集客に繋げていこう

ホットペッパー掲載の契約をし、いよいよホットペッパーが配布されたけれど、なかなか集客に繋がらない、とお悩みの経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。上記で説明したように、ホットペッパーの紙面は、見開きに数多くの同業のお店が掲載されています。その中から自分のお店をすぐに見つけ出せるのか、自分の目で確かめてみるのもいいかもしれません。もし、すぐに見つけ出せなかった、最後にわかったなどであれば、消費者も同じだと考えるのがいいでしょう。ならばインパクトのある掲載方法を考えていきましょう。一番手っ取り早い方法は、広告を今よりも多くして目立つようにすればいいのですが、広告料にかける予費用で経営に負担がかかっては意味がありません。ならばインパクトのある掲載方法を考えていくようにしましょう。限られたスペースで目を引くために、写真で目を引く、文言で惹きつけるなど工夫をしていくようにしましょう。

顧客を考えながらホットペッパー掲載を成功させよう

自分のお店に来られる顧客とはどんな方が多いでしょう。老若男女問わず、いろんな世代・性別の人が万遍なく、というお店はなかなかないのではないでしょうか。まずは自分のお店にやってくる顧客調査をしてみましょう。どの世代、どの性別の顧客が一番多いのか、自分のお店のニーズに合っているのかを考えれば、ホットペッパー掲載時に、どんな人向けに広告を作っていけば良いのかが見えてきます。また、ホットペッパーは地域密着型のフリーペーパーでもあります。その為、遠方からわざわざ訪れる消費者は少ないと考え、地域に合った集客を目指す広告を作っていくのもいいでしょう。ホットペッパーが配布される地域をしっかりと把握した上で、その地域の世代に合った広告を作る工夫をしていくことが大事になってきます。広告料に見合う集客を目指し、ホットペッパーの中でも目を引くものを作っていきましょう。